タバコの副流煙が気になる人へ

IQOSとは何か?

タバコとライター

IQOSはアメリカでマルボロなどの人気ブランドを世に送り出している煙草会社のフィリップモリス社が2015年に開発した電子煙草の一種……ですが、IQOSが登場する直前に流行っていた、「ハッカの水蒸気を吸い込んで煙草を吸った気になる」という電子煙草とは違います。
ライターを使って火をつけて臭い煙を吸い込む昔ながらの煙草と同じく、ニコチンを味わうことができるものとなっています。
ハッカでごまかして吸った気になるような物とは違い、ちゃんとした「煙草」として、愛煙家も満足させる出来になっているのです。

IQOSは、煙草の成分が詰まっているスティックを電池式のホルダーに差し込んで使います。
ホルダーはさしこんだスティックを熱する仕組みになっていて、熱されたスティックがニコチンを発生させ、それを吸い口から吸い込むというカタチになります。煙ではなく水蒸気が発生し、「煙草を吸っている感じ」もきちんと味わいつつ、ニコチンも摂取することができます。
煙が出ないので火が出ませんし、まわりの人に健康被害を及ぼすこともありません。また、昔ながらの煙草にたっぷり含まれ、肺をべっとりとどす黒く染め上げていたタールがほとんど発生しないので、その分だけ健康にもいい煙草であると言えます。
健康志向の時代、欠かせないアイテムであると言えるでしょう。

ただし、ニコチンが発生するということは、決して健康に良いわけではありません。その点は誤解しないようにしましょう。
健康に良いか悪いかという話で言えば、タールがない分、昔ながらのダサい煙草よりはマシ、というレベルです。もちろん未成年者は使用できません。